撮れたて通信5月号

コロナ禍3年目のGW。初の行動制限のない休みとあって

各地は空前の人出のようですね。

毎週SWのオジサンには関係ありませんが。^^;;)

長い人は後3日。大きなリバウンドがなければよいが…。


------------------------------------------------------

撮れたて通信 May 2022


「ほととぎす 鳴くや五月の あやめ草 あやめも知らぬ 恋もするかな」

(古今469 )。昔の人は言葉遊び(掛詞)で粋な和歌を詠んだんですね。

オジサンは高校時代、それまで散々ダメ出しを食らっていて最後の

救いで、確か「……浦の苫屋の秋の夕暮れ」の情景の色を答えろと

言われ、熟慮?の末”黒”と答えたら「君は救いようがないね」と。

その学期の通信簿は2。トホホの暗闇世界。^^;;) 答えは”灰色”だ

という。オジサンの頭の中は水墨画の世界で黒が濃いか薄いかの違い

で、透明感のある夕暮れのベース色はあくまでも黒なんですよね。

灰色は黒に白を混ぜた色で透明感がありませんからね。まあ”薄墨色”

とでも言えばよかったんでしょうけどね。今は”薄住み”のリアルです

が…。v(^∀^*)

2022/05/05

寺町 家明

------------------------------------------------------

See you next time!

特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic