撮れたて通信5月 増刊号

GWのつけが…。こちらでも一昨日は過去最多を記録。 おまけに今週は天候もぐずついて外出もままならず。ʅ(◞‸◟)ʃ

------------------------------------------------------

撮れたて通信 May 2022 増刊号


遅まきながら尼PrimeVideoレンタルで「ひまわり」を観た。本作品は

50年前に高校時代の同級生3人と渋谷の映画館で観た。脳裏に残っ

ていたのは、終わって外に出てきたとき3人の目頭が潤んでいたこと、

映像ではとにかく広大なひまわり畑、マーシャ(後妻)が洗濯物を取り

込みながら訝しげにジョヴァンナを見やるところ、そしてジョヴァンナが

ミラノ駅でアントニオを見送るシーンだけ。途中のストーリー部分の映

像はすっぽり抜け落ちてましたよ。 ^^;;) この映画を見てそれまで抱い

ていた”ひまわり”のイメージが一変。 それまでは太陽に向かってカッ

と見開く不動明王のようなイメージだった。しかしスクリーンに映った

ひまわりはなんと淋しく、哀愁のこもった花だろうと。尤も感化されや

すいオジサンのこと、BGMと東欧の柔らかい光と風のせいもあるのか

な…。オジサンの半世紀前のThose Good Old Dream(遠い想いで)

でした。ハーイ(^O^)/


2022/05/13

寺町 家明

------------------------------------------------------

ネジバナ(背丈は20㎝くらいでしょうか。素人には見つけられませんでした。)

コモウセンゴケ(食虫植物)

在ウクライナ日本大使館の情報では”ひまわり”の主たる撮影地

はウクライナ南部・ヘルソン州らしい。映画に出てくる肝心のひま

わり畑はモスクワ近郊のシェレメチェボ国際空港の近くで撮影さ

れたとのこと。勿論ウクライナでもキーウから南部にかけて同様

の広大なひまわり畑はたくさんあるそうだ。

今回観ていて気付いたのは、彼の地でアントニオが勤めから帰っ

てくる駅の背後に原発の冷却塔みたいなのが映っていたこと。尤

も撮影時期からすれば原発は着工前となるのでサイロかも。駅に

も近いしね。さらに、映画の終盤近くで、アントニオ、マーシャ

家族が新しくできた5~6階建てのアパート群のひとつに引っ越す

シーンがある。この頃からこの手のアパートが各地に建てられて

いったのでしょう。今は無残にも破壊され廃墟と化した現下のニ

ュース映像を見ると胸が痛む思いです。

ヒメウラナミジャノメ(ジャノメチョウの仲間)

アマガエル?の卵塊


ウクライナの首都”キエフ”(現:キーウ)と聞くとオジサンはどう

してもカメラを思い浮かべます。^^;;) 大戦後旧ソ連が旧東ドイ

ツから接収したコンタックスの製造ラインで造られた本家コンタ

ックスとそっくりの「キエフ」。これは今でも人気がありますね。

そのほかソ連邦時代はライカコピー機の「ゾルキー」、「フェド」

というのもありましたね。特許や著作権クソくらえのメチャクチャ

な国ですね。ゾルキーはオジサンも2台所有してます。これは巻き

上げがどうやって作ればこんなに重くなるんだろうと思うくらい

の代物で、フィルム1本取り終えると親指と人差し指の皮がむけて

しまうような感じだった。クマの手でないと無理。それでもレンズ

はそれなりによかったですけどね。オジサンは今でも現役で使って

いるものまあります。日本でも戦後ニコンがコンタックス系譜の

機種を、キャノンはライカ系譜のカメラを出して、オキュパイド・

ジャパンの刻印入りで世界に打って出たんですね。こちらもご多

分に漏れず数台ずつ所有しています。^^;;) こちらは巻き上げ他

の作動もスムーズでさすがメイドインジャパン。しかし今は鉄の

塊。・・・バカですね。今はデジタルオンリーなのに。

ハラビロトンボ (オス)

ハラビロトンボ (メス)

シオヤトンボ

オニヤンマ?


アントニオのセリフ「戦争とは残酷なもの」。今またそれが繰り

返され、ブチャの悲劇(氷山の一角)に至っては中世の虐殺・略奪

・強姦などの蛮行を想起させられます。戦後77年(彼の国は”Z”で

戦勝気分を煽ってますが)経っても、いや100年、1000年経って

も繰り返されるのかな。今回の事態について勧善懲悪の点から見

れば大方の見方に異論はないが、振り返ってベトナム戦争、湾岸、

アフガン・・・、この時の世界の対応はどうだったかのか。なん

だかなあという感がないでもないこの頃です。

モズ幼鳥 (オス)

モズ幼鳥 (メス)

子どもの餌の捕獲に励む親鳥


See you next time!


特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic