高鍋高等学校創立100周年記念式典に参加して来ました!

当日は横なぐりの雨が降っていました。

私にとっては33年ぶりの母校訪問です。


式典はアトラクションから始まり、カンフー演舞、秋月鼓童と書道のコラボ、新制服のお披露目がありました。それぞれ在校生徒による力強い演技で、特に書道は鼓童の響きと共に筆をぶつけながら揮ごうする様は迫力がありました。


記念式典では各ご来賓のご祝辞があり、皆さんの創立100周年記念に対する母校への熱い想い、101年目に向けての更なる発展を願う気持ちがひしひしと感じられました。


また記念演奏会では「守時タツミ氏」による「100年後の子供たちへ~君たちからの始まり~」というタイトルで講演演奏されました。その中で画像を音楽で演奏表現するという手法は面白く、理解しやすいものでした。高鍋大師や持田古墳、高鍋の美しい自然、海、学び舎教室内の写真をイメージしながらの演奏は感動を与えてくれました。まさに100周年記念の行事に相応しいイベントであったと感じました。(小川 修)


生徒たちの感謝と決意表明

守時タツミ氏による画像イメージを音楽に表現する演奏

秋月鼓童と書道部のコラボによる堂々たる力強い揮ごう~100年の歴史を迎える喜びと真善美の理念を胸に新たな未来へ飛び立とうとする「黎明」の節目に立ち会った生徒たちの決意が感じられました!

新制服お披露目

本日のゲストに対する感謝と小澤実行委員長によるOB祭の閉会挨拶






特集記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic