撮れたて通信5月 増刊号

StartFragment今年は例年と違い、交通機関の混雑もない、高速道路の渋滞もないG・Wでした。 しかしG・W(ガマン・ウイーク)はもうしばらく続きそうですね。G・G・G w↓EndFragment

StartFragment----------------------------------------------- 撮れたて通信 May. 2020 増刊号

ファインダー越しに花を凝視していると、作家・曽野綾子氏が夫の

故・三浦朱門が”ある理由”から部屋には花を絶対飾らせなかったと

いう新聞のコラムを思い出した。また、撮ったモノを現像していた

ら、アサヒカメラに掲載された写真家:故・秋山庄太郎晩年の撮り

下ろし作品「薔薇」を思い出した。露出を切り詰めた朽ちた薔薇で

したね。もちろんスタジオライティングで撮られたものと自然光下の

モノを比べる…、いやいや大写真家の作品と並べて語ること自体が

恐れ多いことですが。^^;;) まあ、「学びは”マネビ”から」とも言うし

ご容赦を。<(_ _)> 前回に続き花にまつわる昔々の懐古話でした。

★ハ★ズ★カ★(/\)★シ★イ★ー★

2020/05/07

寺町 家明 -----------------------------------------------

StartFragment Light‐Dark or Two FacesEndFragment

StartFragment

”花も実もある”

字面そのまんまの絵柄ですが、老木の天龍梅は早春には

花をつけ今は立派な実もつけています。

See you next time!EndFragment

EndFragment

特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic