撮れたて通信6月号

StartFragment

新緑と清々しい風につつまれた日々もつかの間、当地は5月下旬

梅雨入りとなりました。こちらは半端ない湿気なのでカメラが持つか、

オジサンが持つかですね。^^;;

EndFragment

------------------------------------------------------ 撮れたて通信 Jun. 2020

最近、「芥川仁写真集・輝く闇」という写真集を購入した。副題に

「歴史の闇に葬られた土呂久鉱毒事件」(高千穂)とある。オジサンは

恥ずかしながらこのヒ素公害のことを知らなかった。調べると、隣町

(木城町)の山奥・松尾鉱山でも同様のことが起こっており、同じく

歴史の闇に葬られたようだ。それでも本写真集で同時代を生きてきた

人々の写真を見て元気づけられた次第です。 今回タイトルはマライア・キャリー「Through The Rain」から拝借。

以下は同曲のエンディング・フレーズです。

I can make it through the rain And stand up once again And I live one more day I can make it through the rain (oh Yes, you can) You're gonna make it through the rain

オッと、”Yes, you can”で思い出した。勤務先だった前身会社創業

3~4年目の全国大会スローガンが「Yes, I can」だったなあ。

現下の状況では”Yes, we can”かな…。

2020/06/06

寺町 家明 ------------------------------------------------------

EndFragment

StartFragment ドヤ顔?の小さな小さな虫。見えますか?EndFragment

StartFragment See you next time!EndFragment

特集記事
最新記事